ニキビ治療について知りたい

Acne treatment

ニキビを治療する

ニキビ跡

ニキビは一度できてしまうと気分が良くないものですし、憂鬱にもなってしまいます。

そのためニキビ治療を行う場合でもなるべく早く完了させたい、一日で終わらせたいと
いうような人が少なくありません。

ただしかし、ニキビ治療というのは基本的に長く時間がかかるものだということを
考えておいた方が良いでしょう。

一日で終わる治療法というものは基本的に無く、最も効果が大きいレーザー治療であっても
全てのニキビを跡形も無く消すということはできません。

どれだけ早く完了させたとしてもその後で前よりも多くのニキビが出来てしまっては
意味が無いのですから、時間がかかることを覚悟して根本的な治療を行っていくことが必要です。

それができないというのであれば、普段から食事の栄養バランスや運動、睡眠といったことを
徹底していくようにしましょう。

予防していけばニキビが出来たとしてもすぐに治すことができる体を作れますし、予防が完璧なら
そもそもニキビ治療の必要はありません。

出来てしまった時には根気強く治す、出来ないように予防するというのがニキビに対する正しい向き合い方なのです。

予防

 

にきびを予防する食事|ビタミンB群を摂って新陳代謝促進!

ニキビが出来てしまう原因にはあらゆるものがありますが、新陳代謝の低下もその一つです。代謝が低下して血液やリンパ液の流れが滞ってしまうことで、体のめぐりが悪くなり肌のターンオーバーも不活発になります。
肌のターンオーバーが不活発になることで肌細胞の再生リズムが乱れてしまい、ニキビが出来やすくなってしまうという仕組みです。

ニキビの悩みを根本から解消させるためには、ターンオーバーを促進させることが重要なポイントとなります。
そのためにすべきことは、食生活の改善です。

食生活において意識すべきこととしては、代謝を促進させる働きがあるビタミンB群を積極的に摂取する、乳酸菌やビフィズス菌やオリゴ糖や食物繊維を摂取して腸内環境を健やかに保ち便秘を解消させる、こまめに水分を補給して体が脱水状態にならないようにする、色々な食べ物を種類豊富にまんべんなく食べて栄養バランスが偏らないようにするなどがあります。

ビタミンB群が豊富に含まれる食べ物と言えば、豚肉や鶏肉やカツオやマグロやバナナやサツマイモや大豆製品やアボカドやブロッコリーなどです。
食事から摂取するのが難しい場合は、サプリメントで補うという方法もおすすめです。水溶性のビタミンですので、体内に長く溜め込んでおくことが出来ません。

体内で使われなかった分は、尿として全て体外に排出されてしまうからです。ですので、サプリメントで摂取する場合は、一気にたくさん飲むのではなく少しずつこまめに飲むのがベストです。